記事
術前導入化学療法にニボルマブを加える意義とは?

術前導入化学療法にニボルマブを加える意義とは? 要約 Forde PMらは、切除可能と判断された臨床病期IB-IIIA期の非小細胞肺癌を対象に導入療法として、化学療法に免疫チェックポイント阻害薬「ニボルマブ」(商品名:オ […]

続きを読む
記事
肺癌術後もICI ―術後補助化学療法のアテゾリズマブ(IMpower010試験)―

アテゾリズマブ肺癌の薬物療法は免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の登場により、大きく進歩しました。近年でも続々と有効性が報告されているICIですが、その活躍の舞台は周術期にまで広がってきています。2022年5月にはアテ […]

続きを読む
記事
免疫チェックポイント阻害薬によるリウマチ性免疫関連有害事象とは?

オプジーボ(一般名:ニボルマブ)をはじめとする免疫チェックポイント阻害薬(ICI)が登場し、抗がん剤治療に革新をもたらしました。しかしながら、ICIには免疫関連有害事象(irAE)という副作用の報告があり、内分泌、皮膚、 […]

続きを読む