抗精神病薬一覧 薬効ごとのまとめ

1,抗精神病薬一覧:画像まとめ
2,統合失調症・双極性障害の症状別第一選択薬
3,定型抗精神病薬(フェノチアジン系)
4,定型抗精神病薬(ブチロフェノン系)
5,定型抗精神病薬(ベンザミド系)
6,定型抗精神病薬(その他)
7,非定型抗精神病薬(セロトニン・ドパミン拮抗薬:SDA)
8,非定型抗精神病薬(ドパミンD2受容体部分作動薬:DPA)
9,非定型抗精神病薬(多元受容体作用抗精神病薬:MARTA)

 

統合失調症・双極性障害の症状別第一選択薬

統合失調症
特に鎮静が不要
アリピプラゾール、ブレクスピプラゾール、ルラシドン
パリペリドン(高プロラクチン血症に注意)及びブロナンセリン(錐体外路症状に注意)

鎮静が必要
リスペリドン:高プロラクチン血症に注意
オランザピン:糖尿病に禁忌、体重増加に留意

双極性障害
うつが前景
ルラシドン、クエチアピン徐放剤、オランザピン、ラモトリギン、リチウム

躁が前景
オランザピン:糖尿病に禁忌、体重増加に留意
アリピプラゾール:高用量
リチウム:腎障害に不可、定期的な採血必要、妊娠又は妊娠している可能性のある女性に禁忌
バルプロ酸:妊娠又は妊娠している可能性のある女性に原則禁忌

定型抗精神病薬(フェノチアジン系)

作用機序
脳内のドパミンに対して抑制作用を呈し、幻覚、妄想、不安、緊張、興奮などの症状を改善する。比較的鎮静作用が強い。
特徴
抗精神病薬間での効果の違いは小さく、副作用において大きく異なる。現在、統合失調症の全てのガイドラインで第一選択薬は非定型抗精神病薬となっている。
副作用
肝障害、抗アドレナリンα1作用、抗コリン作用
専門医コメント
統合失調症の治療としては非定型抗精神病薬が第一選択となっているため、クロルプロマジン、レボメプロマジンなどは鎮静作用を期待して不穏・不眠に少量使われることがあるが、それ以外は新規で処方されることは少ない。(精神科 fax)

定型抗精神病薬(ブチロフェノン系)

作用機序
脳内のドパミンに対して抑制作用をあらわし、幻覚、妄想、不安、緊張、興奮などの症状を改善する。抗幻覚妄想作用強い。
特徴
抗精神病薬間での効果の違いは小さく、副作用において大きく異なる。現在、統合失調症の全てのガイドラインで第一選択薬は非定型抗精神病薬となっている。
抗コリン作用は弱いが、錐体外路症状やプロラクチン値上昇作用が多い。
専門医コメント
統合失調症の治療としては非定型抗精神病薬が第一選択となっているため、ハロペリドールは内服不可時の筋注・静注手段としていまだに使われるが、それ以外は新規で処方されることは少ない。
(精神科 fax)

定型抗精神病薬(ベンザミド系)

作用機序
脳内のドパミンに対して抑制作用を呈し、幻覚、妄想、不安、緊張、興奮などの症状を改善する。
特徴
抗精神病薬間での効果の違いは小さく、副作用において大きく異なる。現在、統合失調症の全てのガイドラインで第一選択薬は非定型抗精神病薬となっている。
副作用
高プロラクチン血症、高齢者では錐体外路症状に注意。
専門医コメント
現在は統合失調症の治療として使用されることはほとんどない。食思不振や抑うつ状態に対するスルピリド、認知症に対するチアプリド以外は新規で処方されることは少ない。(精神科 fax)

セロトニン・ドパミン拮抗薬(SDA)

作用機序
脳内のドパミンD2受容体やセロトニン5-HT2受容体などの拮抗作用により、幻覚、妄想、感情や意欲の障害などを改善する。少量で確実な抗幻覚妄想効果がある。
等価換算量
リスペリドン1㎎=ハロペリドール2mg=アリピプラゾール4mg=オランザピン2.5mg=クエチアピン66mg=ペロスピロン8mg=チアプリド100mg=ブロナンセリン4mg
特徴
リスペリドンは抗精神病効果に優れ、体重増加、血糖上昇は少なく、禁忌もないため統合失調症治療の第一選択薬。しかし、脳内移行が悪いため、プロラクチン値を上げ、無月経・乳汁分泌・射精不能を起こしうる。
専門医コメント
特にリスペリドン、パリペリドンは非定型抗精神病薬の中でもしっかりとした抗精神病作用が期待できる。高プロラクチン血症や錐体外路症状は出やすい。ルラシドン、ブロナンセリン、ペロスピロンは比較的副作用が少ないため、上記薬剤の忍容性に問題がある際に検討することが多い。(精神科 fax)

ドパミンD2受容体部分作動薬:DPA

作用機序
ドパミンD2受容体拮抗作用により、幻覚、妄想、感情や意欲の障害などを改善する。
特徴
錐体外路症状は少ない。鎮静効果は弱いが、不眠や焦燥、胃腸症状、アカシジアが初期に出現することがある。
忍容性に問題がなく、アドヒアランス不良例では持効注射剤も選択肢になる。
等価換算量
リスペリドン1㎎=ハロペリドール2mg=アリピプラゾール4mg=オランザピン2.5mg=クエチアピン66mg=ペロスピロン8mg=チアプリド100mg=ブロナンセリン4mg。
専門医コメント
統合失調症の第一選択薬である非定型抗精神病薬の中でも副作用が少ないとされている。ガイドライン上では非定型抗精神病薬の中では推奨度に差はなく、個別に考慮することとされているが、日本精神神経薬理学会が出している初回エピソード統合失調症における急性期薬物治療アルゴリズムではアリピプラゾールが第一選択となっている。(精神科 fax)

多元受容体作用抗精神病薬:MARTA

作用機序
セロトニン・ドパミン以外に、コリン、ヒスタミン、アドレナリン他、多くの受容体にも作用することで、幻覚、妄想、感情や意欲の障害などを改善する。
特徴
双極性障害に対する効果も期待される。また、鎮静効果があるため睡眠薬の代わりに使用されることもある。
副作用・禁忌
錐体外路症状やプロラクチン値上昇もより少ないとされるが、体重増加・脂質代謝異常や血糖上昇が問題となる。オランザピン、クエチアピンはDM患者に禁忌。
等価換算量
等価換算量:リスペリドン1㎎=ハロペリドール2mg=アリピプラゾール4mg=オランザピン2.5mg=クエチアピン66mg=ペロスピロン8mg=チアプリド100mg=ブロナンセリン4mg。
専門医コメント
多くの受容体に作用するため、他の非定型抗精神病薬と比べて幅広い効果が見込める一方、その他の薬剤では見られない代謝異常、血糖上昇などの副作用が見られる。アセナピンは糖尿病患者にも使用できる。クロザピンは治療抵抗性統合失調症にのみ適応があり、厳格な規定の下で使用される。(精神科 fax)