記事
肺がん術後補助化学療法としてのペムブロリズマブは予後を改善するか?

要約 Brienらは、完全切除されたIB-IIIA期の非小細胞肺癌に対するアジュバント療法としてペムブロリズマブ(キイトルーダ®)を用いた試験治療群と、プラセボ群とを比較検証する第Ⅲ相二重盲検ランダム化比較試験を実施した […]

続きを読む
記事
ステージ3Aの非小細胞肺癌における術後補助化学療法としてのエルロチニブの可能性

要約 Yue Dらは、完全切除されたEGFR遺伝子変異陽性のステージ3Aの非小細胞肺癌を対象に、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬「エルロチニブ」(商品名:タルセバ)の有効性に関する第II相ランダム化比較試験を実施(EVAN […]

続きを読む
記事
イシヤク肺がん徹底討論シリーズ第1弾 2022/10/5(水)22時~

術後オシメの実際のところ キュート先生 こんばんは。それでは定刻となりましたので、イシヤク肺がん徹底討論を始めたいと思います。私は、日本鋼管病院呼吸器内科の田中希宇人と申します。よろしくお願いします。SNS上ではキュート […]

続きを読む
記事
【KRYSTAL-1】 KRAS遺伝子G12C変異陽性肺癌に対するアダグラシブ

【KRYSTAL-1】 KRAS遺伝子G12C変異陽性肺癌に対するアダグラシブ 肺癌領域でも分子標的薬の開発が日々進んでいます。近年まで研究/開発が困難とされてきたKRAS変異に対しても治療薬が登場してきました。 201 […]

続きを読む
記事
研修医・専攻医のための医学英語 基礎編4:動詞・助動詞のポイント

研修医・専攻医のための医学英語 基礎編4:動詞・助動詞のポイント 医学英語を身につければ、仕事の場は世界に広がります。研修医と専攻医の先生には、医学英語をしっかり学んでいただきたいものです。 これまでの3回では、医学英語 […]

続きを読む
記事
シェーグレン症候群は血清陰性と血清陽性で違いはあるの?リウマチ専門医が解説!

シェーグレン症候群は血清陰性と血清陽性で違いはあるの?リウマチ専門医が解説! シェーグレン症候群は、涙腺や唾液腺で自己免疫性の炎症がおこり、ドライアイやドライマウスをきたす疾患です。腺分泌障害だけでなく、肺や腎臓、皮膚も […]

続きを読む
記事
内科医必見!「機能性ディスペプシア診療ガイドライン2021」の重要ポイント

内科医必見!「機能性ディスペプシア診療ガイドライン2021」の重要ポイント 2021年4月、機能性ディスペプシア診療ガイドラインが改訂されました(以下、新ガイドライン)。 機能性ディスペプシア(Functional Dy […]

続きを読む
記事
マンモグラフィ検査で要精査になった……と相談された時に役に立つ話

マンモグラフィ検査で要精査になった……と相談された時に役に立つ話 医療者になると、専門にかかわらず疾患の相談を受けることがあると思います。いつか、マンモグラフィ検査で要精査になったため、どうしたらいいかと相談されることが […]

続きを読む
記事
研修医・専攻医のための医学英語 基礎編3:ローマ字読みを離れて、正しい母音の発音を!

医学英語を身につければ、仕事の場は世界に広がります。研修医と専攻医の先生には、医学英語をしっかり学んでいただきたいものです。第1回と第2回は、医学英語の略語とアクセントに注目してお話をさせていただきました。今回は基礎編の […]

続きを読む
記事
感染症専門医が解説!「サル痘予防のための天然痘ワクチン」

サル痘は、ポックスウイルス科オルソポックスウイルス属のサル痘ウイルスによる急性発疹性感染症です。19 80年に世界から根絶された「天然痘」に病態がとてもよく似ており、症状だけで、サル痘と天然痘の2つの疾患を鑑別することは […]

続きを読む