レイノー現象の7〜8割に基礎疾患はない?リウマチ専門医が解説

レイノー現象は、寒冷刺激などにより、手足の指の血管が攣縮して皮膚の色が蒼白になる現象です。手足の指の皮膚の色が、くっきりと境目のある蒼白になるのが特徴です[1-3]。レイノー現象と聞いて、全身性エリテマトーデス(SLE)や全身性強皮症(SSc)といった膠原病をイメージしませんか?実のところ、膠原病を基礎疾患にもつレイノー現象は全体の2〜3割で、7〜8割のレイノー現象には基礎疾患はありません。

今回は、レイノー現象についてリウマチ専門医が解説します。

レイノー現象とは
レイノー現象には、厳密な診断基準はありません。診断は基本的に臨床診断で、寒冷曝露によって四肢末端が白や紫、赤色などに色調変化がある場合に診断されます。ただ冷えて皮膚の色が白いのはレイノー現象とはいいません。レイノー現象は、SLEやSScなどの膠原病で認められる症状のひとつです。しかしながら、レイノー症状があるからといって、全員が膠原病疾患をもっているわけではありません。

レイノー現象の約7〜8割は基礎疾患がない原発性
レイノー現象は、基礎疾患がない原発性と基礎疾患のある続発性にわかれます。内訳は約7〜8割が原発性で、残りの2〜3割が続発性となっています[1]。原発性から続発性に移行する症例は、年間1%程度です[3]。

レイノー現象がある場合、膠原病など続発性の背景の検索は必要
レイノー現象の多数は原発性ですが、続発性の初期症状の可能性があるため、基礎疾患の検索は必要です。膠原病的な背景としては以下の疾患が対象となり、それぞれに対応した検査をおこないます[3]。

・血管炎:MPO-ANCA、PR3-ANCAなど
・SLE:抗核抗体(ANA)、抗DNA抗体、抗Sm抗体、補体
・SSc:ANA、抗Scl-70抗体、抗セントロメア抗体などSSc関連抗体
・MCTD:ANA、抗RNP抗体
・炎症性筋炎:ANA、抗ARS抗体など筋炎関連抗体
・クリオグロブリン血症:クリオグロブリン

持続的な虚血症状、皮膚潰瘍の既往がなければ、軽症例はまず非薬物療法
持続的な手指の血流低下がなく、皮膚潰瘍の既往もない場合は、以下の非薬物療法をまずおこなうことが強く推奨されています[2]。

①寒冷曝露忌避
②精神的ストレスを避ける
③血管収縮作用のある薬剤を中止
④禁煙

非薬物療法でも症状がよくならないなら薬物療法へ
レイノー現象の治療の目標は、レイノー現象の頻度を減らす、もしくは発作時の症状の緩和です。完全に発作を無くすことは基本的に困難とされています。レイノー現象の薬物療法は、以下の通りです[2,4]。

①カルシウム拮抗薬:アムロジピン(一般名:アムロジン®️)、ニフェジピン徐放剤(一般名:アダラートL®️)など
アムロジピン:5mg/日で開始。7〜14日間使用しても症状改善が乏しい場合は、10mg/日に増量。6〜8週間の治療でも満足な改善がなければ、②の治療へ。
ニフェジピン:20mg分2/日で開始。効果に応じて80mg分2/日まで増量。

②寒冷刺激で惹起される:ARB・PDE5阻害薬(日本ではレイノー現象だけに使用するのは難しい)、不安症状で惹起される:SSRI
1. ARB:ロサルタン(一般名:ニューロタン®️)
ロサルタン:50mg/日から開始。血圧に注意しながら100mg/日まで増量。
2. PDE5阻害薬:シルデナフィル(一般名:レバチオ®️)
シルデナフィル:20mg/日で開始。1〜2週間で効果を評価し、効果不十分なら60mg分3/日まで増量。
3. SSRI:Fluoxetine(本邦未承認)

③皮膚潰瘍を呈する、強い虚血がある:3〜5日間プロスタノイドの点滴
プロスタノイド:イロプロスト(一般名:ベンテイビス®️本邦は吸入薬のみ静注製剤なし)、アルプロスタジル(一般名:プロスタンディン®️)
アルプロスタジル:60μg(20μg/hの投与速度)/日、5〜6日間投与。

膠原病による続発性でも、レイノー現象に対してステロイドを含めた免疫抑制治療の適応はありません[2,4]。もちろん膠原病に疾患活動性があり、免疫抑制治療をおこなった際に、レイノー現象が軽快することはあります。しかし、レイノー現象という病態のみに対して、免疫抑制治療をおこなうことはありません。

レイノー現象の治療は基本的に対症療法および血流改善治療
この記事では、レイノー現象について解説しました。レイノー現象の約2〜3割は、膠原病などによる続発性です。レイノー現象を見つけたとき、膠原病的背景がないかを評価することが必要です。

しかしながら、膠原病による続発性だとしてもレイノー現象自体に対して免疫抑制治療の適応はありません。基礎疾患がない原発性の治療は膠原病内科に特異的なものではなく、一般内科的な対症療法です。そのため、レイノー現象の基礎疾患の検索で膠原病内科に相談はすることはあっても、レイノー現象の治療について膠原病内科に相談する必要はないことを知っておきましょう。

執筆:MajorTY@膠原病内科

[1] MSDマニュアル プロフェッショナル版 レイノー症候群 John W. Hallett, Jr. 2019.07.
[2] Practical management of Raynaud’s phenomenon – a primer for practicing physicians.
[3] Clinical manifestations and diagnosis of Raynaud phenomenon. UpToDate. 2021.09.29
[4] Treatment of Raynaud phenomenon: Refractory or progressive ischemia. UpToDate. 2022.03.08