妊娠線の予防に保湿クリームなどは本当に効果があるの?

妊娠線予防クリームの製品や広告を見たことはありませんか?妊娠線はずっと残るため、好ましくないと思う方もいますよね。

妊娠線の予防や治療としてさまざまな方法がおこなわれていますが、実際に効果はあるのでしょうか?今回は妊娠線の危険因子や予防、治療について解説します。

皮膚線条は、機械的ストレスやホルモンなど多因子性と考えられている
下腹部や大腿部にできるわずかに陥凹した線状の皮膚萎縮のことを、伸展性皮膚線条、または、線状皮膚萎縮症(以後、皮膚線条)といいます。妊娠期にできるものは、妊娠線条や妊娠線と呼ばれ、初期は淡紅色ですが、次第に灰白色となり、細かいシワ様となるためとても気になりますよね[1]。

皮膚線条の危険因子は多く同定されていますが、しばしば矛盾する点もあり、正確な病態は未だ不明です。主な危険因子を以下に示します。
 ・機械的ストレス:体重増加、妊娠中、成長期などに皮膚の過伸展する部位に生じる
  ※非肥満や食欲不振症の患者でも発症する場合あり
 ・ホルモン:思春期や妊娠、肥満、コルチコステロイドの使用、クッシング症候群など、ステロイド過剰の状態で見られる
 ・遺伝的要因

その他多くの危険因子が報告されており、病態生理は多因子性と考えられています[1,2]。

 

外用剤による妊娠線の発症予防効果は明らかではない
妊娠線予防のための外用剤や広告を見かけますが、妊婦はどう考えているでしょうか?

山口らが実施した、妊娠16~19週の妊婦へのアンケート結果を以下に示します。
 ・皮膚を保湿することで妊娠線を予防できると回答:91.9%
 ・妊娠線予防行動(クリーム塗布やマッサージ)をおこなっている:61.6%

アンケートによると、多くの妊婦は、保湿によって妊娠線を予防できると考えており、化粧水やクリームの塗布、マッサージなどをおこなっていました[3]。

では実際に、妊娠線の予防効果はあるのでしょうか?外用剤と妊娠線の予防に関する論文を紹介します。

コクランレビューでは、800人を対象とした6つの試験が選択され、以下の製剤に関して、妊娠線の発症を予防できなかったと報告しています[4]。
 ・オリーブオイル
 ・ココアバター
 ・Trofolastin:Centella asiatica(別名:ツボクサ、ゴツコラ)抽出液を含むクリーム
  ※Centella asiaticaは、セリ科の多年草でハーブの一種
 ・AlphastriaとVerum:ヒアルロン酸などを含むクリーム
  ※すべての製剤がビタミンEを含む

有効の可能性が示唆されるものとして、Centella asiatica(ビタミンE、コラーゲン-エラスチン加水分解物も含む)クリームがあります。80人の妊婦が対象で、優位に妊娠線の発症を減らし、特に思春期に皮膚線条の既往がある妊婦では有効であったと報告しています[2,5]。

残念ながら、現状では、外用剤による妊娠線予防に関して、明らかな予防効果を示す高品質のエビデンスはありません[2,3,4,6]。妊娠線の予防はQOLに影響するため、有効な方法が早く確立されることが期待されますね。

単独療法は大きな違いはなく、併用療法のほうが効果が高い
妊娠線が発症した場合の治療法はどうでしょうか?現在、皮膚線条に対して、多くの治療法があり、組合せると治療の選択肢はさらに増えます。皮膚線条の治療を以下に示します[2.5]。
 ・外用剤:トレチノイン、ゲル、Centella asiatica(ハーブエキス)、グリコール酸、アスコルビン酸、サクシニル化コラーゲン、アルガンオイル、Bio oil
  ※ココアバター、オリーブオイル、アーモンドオイルは効果なし
 ・ケミカルピーリング
 ・レーザー:Ablative/Nonablative lasers、パルス色素レーザー(PDL)、光治療(IPL)
 ・高周波
 ・マイクロニードリング  など

治療法は多いですが、ほとんどの治療の目的は以下に集約可能です。
 ・線維芽細胞の活性化
 ・コラーゲンとフィブロネクチンの合成
 ・抗炎症作用
 ・皮膚の弾力性と真皮の厚さを増加

治療をおこなうことで、コラーゲン産生の増加や色素沈着の改善、皮膚の血液還流と水分補給を改善することができます[2,6]。
治療法として、単一療法では外用剤やレーザー、光治療、高周波がよくおこなわれていました。しかし、どの治療法でも同じ様な効果であり、副作用や治療期間に大きな差はなかったとされています。

2つ以上の治療法を組合せる併用療法は、それぞれ単独で治療するより優れていました。しかし、効果の低い併用療法より、強力な単一療法の方が優れています。最も効果的であり人気があった治療法は、高周波、アブレイティブフラクショナルレーザー、PRP、ニードリング、トレチノインなどの併用療法です。

一般的に皮膚線条の治療は難しく、特に慢性線条は難治性です。さまざまな治療法があるにもかかわらず、効果は限定的で部分的な改善しか得られないため、現状はこれが有効と証明された標準的治療はありません。それぞれの効果やダウンタイム、副作用、費用などを考慮し、患者の希望に応じて治療法を提案する必要があります[2,6]。

妊娠線の予防や治療の効果は限定的であることを情報提供しよう
多くの妊婦は妊娠線を予防できると期待しています。しかし、現状では妊娠線の明らかな予防方法や、治療による消失効果まではありません。期待しすぎないよう、情報提供をおこなって治療法を選択することが大切ですね。

執筆 :shun@形成外科

 

【参考文献】
[1] 清水宏. あたらしい皮膚科学. 第3版. 中山書店, 2018.
[2] Borrelli, Mimi R. Striae Distensae: Scars without Wounds. PRS. 2021, vol.148, no.1.
[3] 山口琴美. 妊娠線出現前の妊婦の妊娠線に対する認識と妊娠線予防行動との関連. 母性衛生. 2015, vol.55, no.4.
[4] Miriam Brennan. Topical preparations for preventing stretch marks in pregnancy. Cochrane Database of Systematic Reviews. 14 Nov 2012, CD000066.
[5] J Mallol. Prophylaxis of Striae gravidarum with a topical formulation. A double blind trial. Int J Cosmet Sci. 1991, vol.13, no.1.
[6] F. Seirafianpour. Systematic review of single and combined treatments for different types of striae: a comparison of striae treatments. JEADV. 2021, vol.35.