pN2非小細胞肺がんに術後放射線治療(PORT)は有用か?

要約
Cecileらは、術後pN2と診断された非小細胞がん手術例にPORTをおこなう群、おこなわない群で第Ⅲ相ランダム化比較試験を実施した(LungART/IFCT0503)。

その結果PORTは統計学的に有意に3年無病生存率を延長しなかった。本研究はLancet Oncology誌に2022年に発表された。

背景
・pN2非小細胞肺がんに対するPORTは肯定、否定それぞれの試験があるが、1990年代の古い治療体系のデータしかなかった。
・2000年代から標準となってきたPETによる病期診断、周術期化学療法、三次元原体照射(3D-CRT)を使用した場合、PORTは有用かどうかの試験がおこなわれた。

研究デザイン
・完全切除され、病理学的にpN2と診断された501人の患者が対象
・ヨーロッパの複数の国での多施設試ランダム化第III相試験
・PORTあり群とPORTなし群にランダム化
・PORTは3D-CRT、もしくは強度変調放射線治療(IMRT)
・照射量は54Gy/27Fr
・主要評価項目:3年時の無病生存率(遠隔転移、局所再発、死亡がイベント)
・副次的評価項目:全生存率、有害事象、局所制御、再発形式、二次がん

研究結果
・観察期間中央値4.8年の時点で3年無病生存率はPORTあり群、なし群でそれぞれ47%、44%。無病生存率の中央値はそれぞれ30.5か月、22.8か月であった。
・ともに有意差は認められなかった。
・最も多い有害事象は肺臓炎で、PORTあり群では5%、なし群では1%以下に認めた。
・3名に治療関連死を認め、すべてPORTあり群であった。

結論
・PETステージング、周術期化学療法をおこなう現代において、完全切除後pN2肺がんに対するPORTは3D-CRTを用いてもすすめられない。

コメント
・JCOGでPORTの試験が始まっている(JCOG1916)。
・同種の知見が1報報告されており[1]、2021年度版肺がんガイドラインでは「術後病理病期Ⅲ期(N2)完全切除例に対して、術後放射線療法は考慮してもよいが、行うよう勧めるだけの根拠が明確ではない」[2]とされている。しかし、変更となる可能性が高い。

【参考文献】
[1] https://jamanetwork.com/journals/jamaoncology/fullarticle/2781087
[2] https://www.haigan.gr.jp/guideline/2021/1/2/210102040100.html#cq32
※どちらも2022年10月14日参照

原著  https://www.thelancet.com/journals/lanonc/article/PIIS1470-2045(21)00606-9/fulltext

執筆:関西の放射線治療医