第二世代抗ヒスタミン薬はアレグラ、ビラノアが検索数上位

第二世代抗ヒスタミン薬_検索数

イシヤクにおける2022年1月~3月の薬剤検索数を集計した。フェキソフェナジン塩酸塩(アレグラ®)、ビラスチン(ビラノア®)、デスロラタジン (デザレックス®)が上位となった。抗ヒスタミン薬はヒスタミン受容体に対する選択性、中枢神経作用の強さや有害事象としての眠気の有無で選ばれる傾向があり、頻繁に検索されている。
アレグラが首位になった背景としては処方数が多いことに加え、後発品の品目が多いためであると考えている(2位のビラノアには後発品が存在しない)。次点でレボセチリジン塩酸塩(ザイザル®)、オロパタジン塩酸塩(アレロック®)、ロラタジン(クラリチン®)、エピナスチン塩酸塩(アレジオン®)が名を連ねている。

 

なお、8位以下は

  • ルパタジンフマル酸塩(ルパフィンⓇ) 5.3%
  • ベポタスチンベシル酸塩(タリオンⓇ) 5.1%
  • エバスチン(エバステルⓇ) 3.6%
  • フェキソフェナジン塩酸塩・塩酸プソイドエフェドリン配合剤(ディレグラⓇ) 3.5%
  • セチリジン塩酸塩(ジルテックⓇ) 2.5%
  • ケトチフェンフマル酸塩(ザジテンⓇ) 1.9%
  • エメダスチンフマル酸塩(アレサガⓇ) 1.6%
  • メキタジン(ゼスランⓇ / ニポラジンⓇ) 0.6%

 

[集計対象] ユーザー:イシヤクを利用している医師
期間  :2022年1月~3月
対象薬効:第二世代抗ヒスタミン薬
※集計結果が0.6%未満のものは記載しない


イシヤクアプリ
・iOS:https://apple.co/3setYVt
・Android:https://bit.ly/3nso2Gv

 

第二世代抗ヒスタミン薬上位薬剤に関する専門医コメント

フェキソフェナジン塩酸塩(アレグラⓇ)
第二世代II類抗ヒスタミン薬であり、ヒスタミン受容体に対する選択性が高く、抗コリン作用などや中枢神経作用が減弱されている。6ヶ月以降の小児にも投与可能なドライシロップ、OD錠、錠剤など形状も豊富。薬局でも購入可能なOTC薬も存在する。特に小児のアレルギー性鼻炎では第一世代抗ヒスタミン薬が選択されることもあるが、眠気の副作用による学習効率低下を考えると第二世代抗ヒスタミン薬を選択するべきである。投与脳内ヒスタミン受容体占拠率はビラノアについで低く、眠気等の副作用が起こりにくいことが証明されているため、運転や危険作業への注意喚起は必要ない点で優れている。(Takashi@耳鼻咽喉科)

 

ビラスチン(ビラノアⓇ)
現存する抗ヒスタミン薬の中で、最もヒスタミン受容体脳内占拠率が低いことが証明されており、眠気も出にくいことが期待される。ヒスタミン受容体の脳内占拠率が非常に低く、眠気等の副作用が起こりにくいことが証明されているため、運転や危険作業への注意喚起は必要ない点で優れている。空腹時内服が推奨され、空腹時以外では薬効が落ちる可能性がある。(Takashi@耳鼻咽喉科)

 

レボセチリジン塩酸塩(ザイザルⓇ)
運転や危険作業への注意喚起が必要であるため処方する際は必ず患者へ説明すること。薬剤の効果は個人差が大きく、眠気と効果は必ずしも相関しないことには留意すべきである。(Takashi@耳鼻咽喉科)

 

オロパタジン塩酸塩(アレロックⓇ)
比較的速効性で、持続時間も長い。脂溶性が低く中枢移行性は低いため、眠気の副作用もかなり軽減されている。じんま疹に効果が高い印象あり。小児では、2歳以上から使用でき、食物アレルギーへの対応、じんま疹や花粉症などに幅広く使われる。運転や危険作業への従事をさせないようにする指導が必要であるため処方する際は必ず患者へ説明すること。薬剤の効果は個人差が大きく、眠気と効果は必ずしも相関しないことには留意すべきである。(Takashi@耳鼻咽喉科)

 

ロラタジン(クラリチンⓇ)
ヒスタミン受容体の脳内占拠率が非常に低く、眠気等の副作用が起こりにくいことが証明されているため、運転や危険作業への注意喚起は必要ない点で優れている。(Takashi@耳鼻咽喉科)

 

エピナスチン塩酸塩(アレジオンⓇ)
比較的速効性で、持続時間も長い。脂溶性が低く中枢移行性は低いため、眠気の副作用もかなり軽減されている。じんま疹に効果が高い印象あり。小児では、3歳以上から使用でき、食物アレルギーへの対応、じんま疹や花粉症などに幅広く使われる。

運転や危険作業への従事をさせないようにする指導が必要であるため処方する際は必ず患者へ説明すること。薬剤の効果は個人差が大きく、眠気と効果は必ずしも相関しないことには留意すべきである。(Takashi@耳鼻咽喉科)

 

 

第二世代抗ヒスタミン薬の処方に関するアンケート

第二世代抗ヒスタミン薬の処方に関するアンケートを実施しています。
1分程度で終わりますので、ぜひご回答いただけますと幸いです。